PR


新シトルリンXL 2袋セット(計60日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】
New Entries
Category
useful
Links
役立つ情報・方法
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています




    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
    西郷南洲選集 下: 西郷隆盛コレクション002 Kindle版
    0
      西郷南洲選集 下: 西郷隆盛コレクション002 Kindle版




      「西郷南洲選集 下」は、西郷隆盛の書簡をあつめたものです。42歳から51歳で自決するまでの貴重な126通が収められています。巻末には、西郷家系圖、西郷隆盛年譜の参考資料も掲載。
      西郷隆盛コレクション002

      ■編著について
      谷口 武(1896-1960)は、大正-昭和時代の教育者。明治29年1月14日生まれ。上京し,玉川学園で小原国芳に師事。京都帝大卒業後,東京和光学園の主事,校長をつとめる。昭和20年郷里の香川県財田(さいた)にかえり,財田中学,和光中学の校長を歴任。のち大阪樟蔭女子大教授。昭和35年3月7日死去。64歳。号は思山。[デジタル版 日本人名大辞典より]

      ■目次
      正氣の薫光(序に代へて)
      五 戊辰戰役時代 / 1
      明治元年戊辰(四十二歳) / 3
      九四、 蓑田傳兵衞宛 正月朔日 / 7
      九五、 大久保一藏宛 正月三日 / 10
      九六、 大久保一藏宛 正月三夜 / 12
      九七、 岩下佐次右衞門宛 正月五日 / 13
      九八、 桂右衞門宛 正月十日 / 14
      九九、 川口量次郎宛 正月十日 / 17
      一〇〇、 蓑田傳兵衞宛 正月十六日 / 19
      一〇一、 岩下佐次右衞門宛 正月二十五日 / 24
      一〇二、 大久保一藏宛 二月二日 / 26
      一〇三、 吉井幸輔宛 三月五日 / 27
      一〇四、 乾退助・川田佐久馬宛 三月十二日 / 35
      一〇五、 徳川家處分案 三月 / 37
      一〇六、 勝安芳宛 三月十四日 / 38
      一〇七、 大久保一藏宛 三月二十一日 / 39
      一〇八、 大久保一藏宛 四月五日 / 40
      一〇九、 木戸孝允宛 閏四月六日 / 44
      一一〇、 大久保・吉井宛 閏四月二十七日 / 45
      一一一、 大久保一藏宛 五月十日 / 51
      一一二、 大久保・吉井宛 五月十日 / 52
      一一三、 大久保・吉井宛 五月二十日 / 56
      一一四、 大久保・吉井宛 五月二十五日 / 61
      一一五、 得能良介宛 六月七日 / 63
      一一六、 龍洞院住職宛 七月二十三日 / 65
      一一七、 軍令 七月九日頃 / 67
      一一八、 山下龍右衞門宛 八月二十五日 / 69
      一一九、 黒田了介宛 九月二十九日 / 70
      一二〇、 有川七之助宛 十月二十五日 / 71
      六 藩政參與時代 / 77
      明治二年己巳(四十三歳) / 79
      一二一、 得藤長宛 三月二十日 / 80
      一二二、 桂右衞門宛 七月八日 / 82
      一二三、 桂四郎宛 十二月二十九日 / 86
      明治三年庚午(四十四歳) / 90
      一二四、 退休賞春(再三流竄) / 91
      一二五、 大久保一藏宛 三月二十三日 / 92
      一二六、 山内甚五郎宛 七月二十三日 / 95
      七 在朝參議時代 / 97
      明治四年辛未(四十五歳) / 99
      一二七、 送天子親兵(王家衰弱) / 100
      一二八、 送大山君東行序 / 101
      一二九、 桂四郎宛 七月十日 / 103
      一三〇、 所懷(去來朝野) / 106
      一三一、 桂四郎宛 七月二十日 / 107
      一三二、 祿高處分に關する意見書 七月 / 110
      一三三、 時務建言書 九月 / 113
      一三四、 勸農建言書 / 119
      一三五、 椎原與三次宛 十二月十一日 / 125
      明治五年壬申(四十六歳) / 128
      一三六、 黒田清綱宛 一月一日 / 129
      一三七、 桂四郎宛 一月十二日 / 130
      一三八、 大久保利通宛 二月十五日 / 133
      一三九、 黒田清綱宛 二月二十日 / 141
      一四〇、 黒田清綱宛 三月二十三日 / 143
      一四一、 徳大寺實則宛 六月一日 / 145
      一四二、 板垣與三次宛 六月二十三日 / 146
      一四三、 徳大寺實則宛 七月四日 / 148
      一四四、 寺田弘宛 八月十日 / 150
      一四五、 市來宗介宛 八月十日 / 152
      一四六、 西郷菊次郎宛 八月十日 / 153
      一四七、 示外甥政直(一貫唯々諾) / 154
      一四八、 大久保利通宛 八月十五日 / 155
      一四九、 篠原冬一郎宛 八月十五日 / 158
      一五〇、 池上四郎宛 十月十五日 / 160
      一五一、 松平親懷宛 十一月九日 / 162
      一五二、 黒田了介宛 十二月一日 / 165
      明治六年癸酉(四十七歳) / 169
      一五三、 西郷從道宛 四月二十日 / 171
      一五四、 西郷從道宛 四月二十一日 / 173
      一五五、 集義塾建設本旨 / 175
      一五六、 椎原與右衞門宛 六月二十九日 / 176
      一五七、 山莊幽居(溪水鮮澄) / 181
      一五八、 板垣退助宛 七月二十九日 / 182
      一五九、 板垣退助宛 八月三日 / 185
      一六〇、 三條實美宛 八月三日 / 186
      一六一、 板垣退助宛 八月十四日 / 189
      一六二、 板垣退助宛 八月十七日 / 190
      一六三、 板垣退助宛 八月十九日 / 193
      一六四、 蒙使朝鮮國之命(酷吏去來) / 195
      一六五、 板垣退助宛 八月二十三日 / 197
      一六六、 黒田清隆宛 九月十一日 / 198
      一六七、 別府晋介宛 九月十二日 / 201
      一六八、 三條實美宛 十月十一日 / 203
      一六九、 遣韓使節決定始末 十月十七日 / 205
      一七〇、 桐野・別府宛 十月二十一日 / 207
      一七一、 中村・武井宛 十月二十三日 / 209
      一七二、 辭職願 十月二十三日 / 210
      一七三、 偶成(獨不適時情) / 211
      八 退耕育英時代 / 213
      明治七年甲戌(四十八歳) / 215
      一七四、 村舍避來(山老元難滯) / 216
      一七五、 偶感(受辛經苦) / 217
      一七六、 山行(山行全勝藥) / 218
      一七七、 月下梅花(江樓迎月) / 219
      一七八、 山寺暮景(深林孤寂) / 220
      一七九、 私學校綱領 / 221
      一八〇、 學校教育語 / 223
      一八一、 弔亡友(耐寒摧賊) / 224
      一八二、 學文(學文無主) / 225
      一八三、 偶成(才子元來) / 226
      一八四、 偶作(世俗相反) / 227
      一八五、 温泉即景(官途逃去) / 229
      一八六、 偶成(官途艱險) / 230
      一八七、 口上覺 十月三十日 / 231
      一八八、 大山彌助宛 十二月十一日 / 239
      明治八年乙亥(四十九歳) / 242
      一八九、 大山綱良宛 一月十七日 / 243
      一九〇、 寄村舍寓居諸君子 躬耕將曉 / 244
      一九一、 示開墾社生 身答君恩 / 245
      一九二、 大山彌助宛 四月五日 / 246
      一九三、 西郷小兵衞宛 四月二十六日 / 248
      一九四、 南洲翁遺訓 / 250
      一九五、 篠原冬一郎宛 六月十九日 / 276
      一九六、 篠原冬一郎宛 十月八日 / 278
      一九七、 大山綱良宛 十一月二十九日 / 281
      一九八、 風紀取締に關する上申書 / 283
      一九九、 送三子之佛國序 / 285
      二〇〇、 某氏宛 / 286
      二〇一、 某氏宛 / 289
      二〇二、 某氏宛 / 290
      明治九年丙子(五十歳) / 292
      二〇三、 内田政風宛 三月四日 / 293
      二〇四、 大山巖宛 三月二十八日 / 295
      二〇五、 池上四郎宛 四月十五日 / 297
      二〇六、 能吏表彰申請書 / 298
      明治十年丁丑(五十一歳) / 301
      二〇七、 大山綱良宛 二月 / 303
      二〇八、 谷干城宛 二月十五日 / 305
      二〇九、 今藤宏宛 二月十六日 / 306
      二一〇、 大山綱良宛 三月二日 / 308
      二一一、 大山綱良宛 三月五日 / 309
      二一二、 征討將軍宮宛 三月 / 311
      二一三、 大山綱良宛 三月十二日 / 312
      二一四、 河野主一郎宛 三月二十八日 / 315
      二一五、 木山本營宛 四月二十三日 / 317
      二一六、 各隊長宛 八月六日 / 318
      二一七、 深見有常宛 九月二日 / 319
      二一八、 募兵依頼状 九月五日 / 320
      二一九、 各隊宛 九月二十二日 / 321
      附録 / 323
      二二〇、 西郷家系圖 / 324
      二二一、 西郷隆盛年譜 / 326

      ■底本
      タイトル
      西郷南洲選集 下
      著者 西郷隆盛 1827-1877
      編著 谷口 武 1896-1960
      出版者 読書新報社出版部
      出版年月日 昭和18-19(1943-1944)
      ※このデジタル画像書籍は、底本の複製です。

      【画像版の説明】
      この電子書籍は、書籍の版面を複写した画像版で、読みやすくしたデジタル復刻版です。
      元画像に書き込みや、文字が薄くて読みづらい箇所がある場合がありますがご寛恕ください。
      テキスト版ではありませんので、ご注意ください(版面固定型)。
      なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをおすすめいたします(7〜8インチ以上のもの)。






      posted by: nandemoya1 | Kindle版 | 06:00 | - | - |
      スポンサーサイト
      0



        posted by: スポンサードリンク | - | 06:00 | - | - |