PR
Category
New Entries
useful
Links
役立つ情報・方法
PR
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ストレス社会を生きるあなたに【ジルジレットセロトニン】
0

    ストレス社会を生きるあなたに【ジルジレットセロトニン】

     

    ◇◆ セロトニンサプリを選ぶなら!ジルジレットセロトニン ◆◇
    ---------------------------------------------------------------------
    あなたは、イライラ、不安、緊張、落ち込む、朝が辛い、やる気が
    起きない、といった毎日が当たり前だと思って暮らしていませんか?
    独自のアミノ酸配合で、心と身体のバランスを整えるサプリメント
    「ジルジレットセロトニン」で、スッキリと穏やかな日々をお過ご
    しください。
    今なら超お得な1500円トライアルセット(税・送料込)でお試し
    いただけます。
     

    イライラ、不安、緊張、落ち込む、朝が辛い。やる気が起きない。そんな生活が当たり前だと思っていませんか?
    心とカラダのバランスを整える独自のアミノ酸配合で、注目されているココロの元気応援サプリ「ジルジレットセロトニン」をお試しください。




    posted by: nandemoya1 | 美容・健康 | 21:00 | - | - |
    加圧シャツ ボディービル【送料無料3枚セット+おまけ1枚】【SIXPACK EXCERSIZE(シックスパックエクササイズ)】M・Lサイズ
    0
      加圧シャツ ボディービル【送料無料3枚セット+おまけ1枚】【SIXPACK EXCERSIZE(シックスパックエクササイズ)】M・Lサイズ 上半身を完全に加圧!!着ているダケでトレーニング効果!?独自の技術で加圧強制+姿勢強制 加圧シャツ ボディービル【送料無料3枚セット+おまけ1枚】【SIXPACK EXCERSIZE(シックスパックエクササイズ)】M・Lサイズ【Hope-Shop.NET ビューティーヘルス】



      posted by: nandemoya1 | 美容・健康 | 20:13 | - | - |
      クイズ アッバース1世が
      0

        クイズ

         

        1)アッバース1世が1597年に都として定めて以降、サファヴィー朝が滅亡するまで繁栄し、この都を訪れたヨーロッパの外交官や商人たちは、「世界の半分」だとその栄華を称賛した都市の名前はなんでしょうか。

         

        2)青年貴族ベルナルド、オペラ女優アヌンチャタ、若き芸術家アントニオらが登場する、イタリアを舞台にした森鴎外の小説は何と言うでしょう。

         

        3)桑原武夫に「第二芸術論」を書かせた毎日新聞の文化部記者で、のちの文化勲章受章作家といえば、だれでしょう。

         

        4)国語辞典「広辞苑」を作ったのは新村出、では「大言海」を編んだひとはだれでしょう。

         

        5)清酒「黄桜」のイメージキャラクターはカッパですが、それを最初に描いた漫画家はだれでしょう。

         

         

        こたえは下です。

         

         




        続きを読む >>
        posted by: nandemoya1 | 難問クイズ | 19:47 | - | - |
        クイズ 鎌倉新仏教の
        0

          クイズ

           

          1)鎌倉新仏教の浄土宗を唱えた法然の主著『選択本願念仏集』は、彼に教えを請うた、ある貴族のためにかかれたといわれます。その貴族とはだれでしょう。

           

          2)主に欧米で行われる、遺体に防腐処理をほどこし、化粧をして美しく保存することを何というでしょう。

           

          3)正式名称を「都市の不思議と旅の驚異を見る者への贈り物」という、14世紀のアラブ人旅行家イブン・バトゥータが著した旅行記はなんでしょう。

           

           

          こたえは下です。

           

           




          続きを読む >>
          posted by: nandemoya1 | 難問クイズ | 08:49 | - | - |
          脳トレ音読の読み物0316
          0






            脳トレ音読の読み物として、できれば声に出して音読してみましょう。

            ---------


             土屋庄三郎は邸を出てブラブラ条坊《まち》を彷徨《さまよ》った。
             高坂《こうさか》邸、馬場邸、真田《さなだ》邸の前を通り、鍛冶《かじ》小路の方へ歩いて行く。時は朧《おぼ》ろの春の夜でもう時刻が遅かったので邸々は寂しかったが、「春の夜の艶《なまめ》かしさ、そこはかとなく匂ひこぼれ、人気《ひとけ》なけれど賑かに思はれ」で、陰気のところなどは少しもない。

            「花を見るにはどっちがよかろう、伝奏《てんそう》屋敷か山県《やまがた》邸か」
             鍛冶小路の辻まで来ると庄三郎は足を止めたが、「いっそ神明の宮社《やしろ》がよかろう」
             こう呟くと南へ折れ、曽根の邸の裾を廻わった。

             しかし、実際はどこへ行こうとも、またどこへ行かずとも、花はいくらでも見られるのであった。月に向かって夢見るような大輪の白い木蘭《もくらん》の花は小山田邸の塀越しに咲き下を通る人へ匂いをおくり、夜眼《よめ》にも黄色い連翹《れんぎょう》の花や雪のように白い梨の花は諸角《もろずみ》邸の築地の周囲を靄《もや》のように暈《ぼか》している。桜の花に至っては、信玄公が好まれるだけに、躑躅《つつじ》ヶ崎のお館《やかた》を巡り左右前後に延びているこの甲府のいたるところに爛漫《らんまん》と咲いているのであったが、わけてもお館の中庭と伝奏屋敷と山県邸と神明の社地とに多かった。

            「花を踏んで等しく惜しむ少年の春。灯《ともしび》に反《そむ》いて共に憐れむ深夜の月。……ああ夜桜はよいものだ」
             小声で朗詠を吟じながら、境内まで来た庄三郎は、静かに社殿の前へ行き、合掌して叩頭《ぬかず》いたが、
            「お館の隆盛、身の安泰、武運長久、文運長久」

             こう祈って顔を上げて見ると、社殿の縁先|狐格子の前に一人の老人が腰かけていた。朧ろ朧ろの月の光も屋根に遮《さえぎ》られてそこまでは届かず、婆裟《ばさ》として暗いその辺りを淡紅色にほのめかせて何やら老人は持っているらしい。
             おおかた参詣の人でもあろう。――こう思って気にも止めず、庄三郎は足を返した。
             と、うしろから呼ぶものがある。

            「もし、お若いお侍様、どうぞちょっとお待ちくださいまし」
             ――それは嗄《しわが》れた声である。
             で、庄三郎は振り返った。

             山袴《やまばかま》を穿《は》き、袖無しを着、短い刀を腰に帯び、畳んだ烏帽子《えぼし》を額に載せ、輝くばかりに美しい深紅の布《きぬ》を肩に掛けた、身長《せい》の高い老人が庄三郎の眼の前に立っている。
            「老人、何か用事かな?」
             庄三郎は訊いて見た。

            「布《きぬ》をお買いくださいまし」
             おずおずとして老人は云う。
            「おお、お前は布売りか。いかさま紅い布を持っておるの」
            「よい布でございます。どうぞお買いくださいまし」
            「よい布か悪い布か、そういうことは俺には解らぬ」庄三郎は微笑したが、「俺はこれでも男だからな」

            「お案じなさるには及びませぬ。布は上等でございます」
             老人は執念《しつこ》く繰り返す。
            「そうか、それではそういうことにしよう、よろしい布は上等だ。しかし、俺には用はないよ」
             云いすてて庄三郎は歩き出した。

             しかし布売りの老人は、そのまま断念しようとはせず、行手へ廻わってまた云うのであった。
            「布をお買いくださいまし」
            「見せろ!」
             と庄三郎は我折れたように、とうとうこう云って手を出した。
            「なるほど。むうう。美《よ》い色だな」

             渡された布を月影に隙《す》かしつくづくと眺めた庄三郎は思わず感嘆したのであった。
            「はい美い色でございます。そこがその布の値打ちのところで……」さもこそとばかりに老人は云った。

            「若い女子《おなご》の喜びそうな色だ。なんと老人そうではないかな」
            「はいさようでございます」
            「ここら辺にはお邸も多い。若い女子も沢山いる。お邸方の奥向《おくむき》へ参って若い姫達のお目にかけたら喜んで飛び付いて参ろうぞ」

            「今日も昨日も一昨日《おとつい》も、もうかれこれ十日余りも、お邸方へ参上致し、さまざまご贔負《ひいき》にあずかりましたが、この布ばかりは買っていただけず、一巻《ひとまき》だけ残りましてございます」
            「どなたの嗜好《このみ》にも合わないと見えるな」
            「皆様、恐《こわ》らしいと申されます」

            「なに恐らしい?」と不思議そうに、「はて何が恐いのか?」
            「そのお色気でございます」
            「色気と云っても、紅いだけではないか」

            「人間の血で染めたような、燃え立つばかりの紅い色が、恐らしいそうでございます」
            「アッハッハッハッ、馬鹿な事を。さすがは女子、臆病なものだな」
             もう一度布を差し上げて、月の光に照らして見たが、庄三郎は思わず身顫《みぶる》いをした。









            ハリつや肌を目指す方に!初回無料のオールインワンゲル

            からだ巡茶を共同開発した漢方専門店のダイエット食品のモニターを募集

            髪の毛のもとは肝臓でつくられていた!ヘアケアの強い味方、ノコギリヤシの力で育てる!モテる男のサプリ習慣!【フェルサ】





            posted by: nandemoya1 | 脳トレ音読の読み物 | 12:50 | - | - |